HOME >  ノンシリコンシャンプーって髪に良いの?

ノンシリコンシャンプーって髪に良いの?

その名の通り、シリコンの入っていないシャンプー、ノンシリコンシャンプー。
シリコンは髪に被膜を作るコーティング剤の一種で、
シャンプーの際に、指通りを良くしてくれる役割があります。
ですが、そのシリコンが毛穴に詰まったり、頭皮に残り、フケやカユミなどの悪影響を及ぼすのでは!?
と言われています。
しかし、基本的にシャンプーは洗い流してしまいますし、頭皮も古くなれば剥がれ落ちていきます。
たとえ毛穴に詰まったとしても、髪の毛や分泌された皮脂と一緒に毛穴の外に排出されるので、
世間で言われているような悪影響は無いと考えられます。
ですので、髪の毛にツヤ感やサラサラ感を求める方には、シリコン入りのシャンプーが合っています。
逆に、髪が細くボリュームを出したい方にはノンシリコンシャンプーがオススメです。
シリコンの皮脂がなくなるので、髪が軽くなり、根元からふわっとボリュームが出ます。
ノンシリコンシャンプーと共に、よく見かけるのがスカルプシャンプーです。
頭皮の環境を考えて作られたシャンプーで、頭皮の皮脂を取りすぎないように設計されています。
一般的には皮脂は、しっかり取ってすっきりさせたほうが、頭皮に良いのでは!?と思われがちですが、
皮脂を取りすぎてしまうと、頭皮は潤いを補おうと過剰に分泌をしてしまい、結果、悪影響を及ぼします。
マイルドな洗浄力で皮脂を取りすぎないことで、頭皮を健康にし、抜け毛や薄毛の予防に効果があるとされます。
シャンプーに含まれる成分や効果などの違いを知り、自分にあったシャンプーを選びましょう。

What's New(新着情報)

HOME >  ノンシリコンシャンプーって髪に良いの?
Sitemap